猿で儲かる医療事務資格

こんな本昔良く出ていましたね。サルでも分かるシリーズです。

医療事務バージョンも作って欲しいです。私は理解力がちょっと衰えているので、
サルにでもわかるように簡単に説明してくれると助かります。それから参考書も
細かい字が沢山書かれているので、とても読むのにしんどい思いをしてしまいます。
それで、漫画で説明してくれるものが欲しいですねもしでていたら絶対購入したいです。

それから、スクールに通お言うかと思いましたが、独学に決めました。
なぜなら特に必要性を感じなかったからです。
たしかに分かりやすく教えてくれるだろうし、一人で勉強できない人は、強制力みたいなものが
あるからいいかもしれません。しかし、なにせ学費が高すぎます。
数十万円もするなんてとても手が出ません。
なので、ちゃんと理解す出来るようにわからない場合は姉に聞いて頑張りたいと思います。
姉を越えようと思ってるのに姉を利用するなんて卑怯だと思われるでしょうが、
利用できるものは何でも利用するのがプロの流儀です。

プロの医療事務者になるのだからこれくらい当たりまえというところです。
一番心配なのは試験そのものより職場に馴染めるかどうかです。
人間関係も複雑そうだし、医者や看護師などに下に見られているんじゃないかとちょっと
コンプレックスが湧いてくるのかななんて不安に思います。
しかし不安に打ち勝ってなんとかこの関門をサクッとクリアしたいですね。

医療事務資格ナビ@通信講座&通いスクール選びのために

勉強嫌い

資格試験は集中して机の上に座って勉強を毎日しなければいけませんが、

私は机上の勉強が大嫌いです。なぜならつまらなくてじっとしてると落ち着かなくなるからです。
それなので、実技タイプの人間です。
そんな私だってやれば出来るということを姉に証明するために頑張ります。
昔からいつも姉に勝てませんでした。ある意味コンプレックスと言っていいでしょう。
容姿も負けてる慎重も低い、スタイルもよくない、頭も悪いと勝てる所があまりありません。
しかも性格もいいんです。性格悪ければ素直に嫌いになれたのに
そうはさせない所がずるいなんて思ってしまいます。

そこで姉と同じ医療事務を目指しましたが、今度は姉より高度な資格である
診療報酬請求事務能力認定資格をとってやろうと思います。
このしかくは医療事務従事者にとっては最高峰の難易度の資格と言われて、
現役の医療事務員でも持っていない人が多いそうです。

それを就職前にとっておけばものすごくポイントアップだと思います。
人間無理だと思ったら出来ないのでここで姉を超えることを課題として頑張ります。
ちなみに姉はもう医療事務を退職しました。寿退職というやちですね。
病院の場合退社とはいいません。かといって退院だと別の意味になってしまいます。
やっぱり退職が適切な言葉ですね。

医療事務の資料請求

なぜ今医療事務か

10年ほど前資格ブームが来ましたがその時に医療事務の資格が大々的に

ピックアップされて色々な資格スクールが医療事務の宣伝をしていました。
しかし私はその波には乗らずに無視していました。
今になって医療事務に興味を持ち始めましたが、
当時はフリーターをやっていたので私には関係のない話だと思っていました。

医療事務といえば、色々な資格があります。
メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)
調剤報酬請求事務専門士
医療秘書技能検定
医事コンピュータ技能検定
医療事務管理士
医療保険士
診療報酬請求事務能力認定

このように様々ですが、全て取得すれば恐らく就職もしやすいかと思います。
ただ、全部取る必要はなくて、基本的なメディカルクラークだけ取っておけば
何とかなったりもします。
医療事務に魅せられたのはここ一年です。なぜなら姉が医療事務で、
ドクターと結婚したからです。ドクターの年収は約2000万円で将来有望で、
ゆくゆくは開業医になるそうです。
開業医になったら年収4000万は稼げると言われています。
その奥様ともなれば、立派なセレブということです。
私は人生逆転を狙って病院に就職できればと思い資格を目指します。